「買い替え」から「リメイク」へ

古くなって傷んでしまった馬具でも、リメイク、リノベーションの素晴らしい技術で再生すれば、まだ何年も使うことができるものはたくさんあります。

古くなった馬具だけではなく、新品の馬具を好きな色、好きなデザインに変えて、あなただけのオリジナルカスタムをすることもできます。

使い慣れた大切な馬具をより永く愛用していただくために、マルベリーショップでは、鞍には数々の鞍をリメイクしてきた最高技術を持つ専門職人、塗装には大手自動車部品メーカーや鉄道車両部品メーカーとも契約をする技術と設備環境をもった企業とのパートナーシップでこだわりのリメイクを提供させていただきます。

鞍のリメイクを行う際には、騎乗者と馬の安全を最優先に考え、始めに鞍を分解して鞍骨の損傷を確認し、安全性をチェックします。破損した鞍骨は、馬を傷つけ、騎乗者の安全も保障できませんので、安全が確認できた後にリメイクを行います。ただ外観をきれいにするだけではなく、安心と安全も一緒にリメイクするのがマルベリーショップのこだわりです。

鞍のリメイクには専門知識と、専門技術が必要です。マルベリーショップでは、数々の鞍のリメイクを手がけた高い技術を持つ職人とのパートナーシップでリメイクを行います。シート張替えでは、その職人の手によって一目、一目合わせて丁寧に縫いあげていきます。

鞍のリメイクのご依頼で多くあるのが、使い込んでシワが寄ってしまったシートの張替えとクッション材の補充です。しなやかで丈夫なこだわりの牛革を裁断し、熟練の技を使い、全て手縫いで、鞍のリメイクを行います。

全体のリメイクだけではなく、破れてしまったニーパッドの交換や、切れてしまった託革の交換など、ご予算に合わせて部分的なリメイクもご提案させていただきます。リメイクすることで、使い慣れた大切な馬具をより永く使うことができるのです。